ゲーム機ソフトウェア情報

500万台突破は確実のPS4

 日本では、14年2月22日から発売されるプレイステーション4だが、他国では、すでに500万台ちかく売れているようだ。

PS4本体と同時発売されるゲームソフトorダウンロード販売は、バトルフィールド4(ミリタリーアクションシューティング)、Don't Starve: Console Edition(アドベンチャー)、 Warframe(アクション)、KILLZONE SHADOW FALL(FPS)、プレイルーム(遊び空間)、龍が如く 維新!(アクションアドベンチャー)、 真・三國無双 7 with 猛将伝(タクティカルアクション)、信長の野望・創造(歴史シミュレーション)、FIFA 14 ワールドクラスサッカー(スポーツ)、 ニード・フォー・スピード ライバルズ(アクションレーシング)、鬼斬(MMORPG)、ドリームクラブ ホストガール オンステージ(ステージ鑑賞ソフトウェア)、 Blacklight: Retribution(FPS )、コール オブ デューティ ゴースト(FPS)、Contrast(アドベンチャー)、とってもE麻雀ぷらす(ボード )、 ストライダー飛竜(ハイスピード探索アクション)、RESOGUN(シューティング)、NBA 2K14(バスケットボール)、他、まだまだあるぞ。

4月頃には、ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼアも発売されそうだ。

Xbox Oneも発売初日で100万台売れた!

 米マイクロソフトの新型ゲーム機エックスボックス・ワンも発売初日の売り上げが、100万台を突破したそうだ。
Playstation 4が優勢だと思っていたが、米マイクロソフトの底力は並ではなかった、数字を見る限り同じぐらいの販売台数で初戦はドロー状態だ。

プレイステーション4バカ売れ!

 新発売のPlaystation 4の勢いが凄いようだ! 北米で11月15日に発売され、わずか24時間で100万台に達したとソニーが明らかにしました。
ソニーにとって、この数字は絶好調だとおもうが、この後、「Xbox One」の発売も間近だ! さて? どうなるか見物だ!

マイクロソフトの「Xbox One」発売

 プレステーション4と真っ向勝負するのは、闘志むき出しのマイクロソフトが放つ『Xbox One』の刺客が2013年11月22日より発売される。

とは言っても、海外の話で、アメリカ、ヨーロッパなど13ヶ国だそうだ。
(日本発売は、来年になりそう)
どちらも完成された最新技術の家庭用ゲーム機だと思うが、注目度は若干『Playstation 4』が上回っているように思える。

その理由の一つとして価格の差がある、北米での価格で比べると、Xbox Oneが499.99ドルに対して、Playstation 4が、399ドルで買えるのだ。

この約100ドルの差は、大きく販売台数に影響しそうです。
また、肝心の頭脳スペックは、 同じぐらいではないかと言われているだけにPS4が有利と考えるのが普通だろう。

さぁ、世界を制するゲーム機は、『Wii U』か、『Playstation 4』または『Xbox One』か? 気になるところですね〜、ゲームより販売競争の方が面白かったりして・・。

Playstation 4 日本発売日は、2014年2月22日

 プレステーション4の発売を待ち望んでいる人も多い事だろう。
プレイステーション4 HDD 500GB ジェット・ブラック CUH-1000AB01
プレイステーション4 HDD 500GB First Limited Pack with PlayStation Camera ジェット・ブラック CUHJ-10001

プレステーション4が11月に米国で発売される

 2013年11月15日に、待望のPlayStation4が、米国にて発売されるようだ。 この発売を待ち望んでいる人は非常に多く、すでに予約100万台と言うから凄い!

最新ゲーム機Xboxが発表!

 マイクロソフトのゲーム機Xbox360の後継機が今年は発売されるだろうと噂をされていたが、ついに新しい次世代ゲーム機Xboxが、2013年5月21日に発表されるようだ。
マイクロソフトは、「ゲームやテレビ、エンターテインメントの新時代が幕を開ける」と自信タップリな発言をしているので、非常に楽しみなところだ。

PlayStation Vita 大幅値下げ!

 2013年3月、ソニー・コンピュータエンタテインメントの携帯ゲーム機「PlayStation Vita」が大幅な値下げを行った結果、販売台数が急速にのびているようだ。
日本のゲーム市場の携帯ゲーム機では、任天堂の3DS/3DSLLにおされ気味だったVitaが完全に復活したようです。
Vitaは、元々、高解像度・高性能の携帯ゲーム機である為、3DSなどと比べると値段が高かったのであるが、ソニーが、同じ位の価格帯にしたため、売れに売れているようです。
この大幅な値下げの背景には、米国市場でのWii Uの伸び悩みが関係しているのだろう。


プレステーション4発表

2013年2月20日に、ソニー・コンピューターエンターテインメントが、もっとも力を注いでいるプレステーション4が発表されました。 PlayStation3の発売から7年、久々のモデルチェンジだ! 新しいPlayStationは、どのように進化したのだろう。
本体は、まだベールに包まれたままなのだが、CPUコアは、8つのx86-64アーキテクチャーと、最先端GPUに、メモリー8GB、コントローラーには、タッチパッドや動画共有ボタンが付いたようだ。
今度のプレステ4は、モバイル端末とも連携し、ネットワーク・ゲームサービスとも連動された仕様になるようです。
発売時期は、年内というだけで詳しくはわかっていないが、11月か12月頃ではないかと言われている。


ニンテンドーWii U 大ピンチ!

 発売されてまだ間もない任天堂の「Wii U」は、日本では好調だと思われていたが、最大の米国市場での売り上げに大苦戦している。
いくら日本の売り上げが良くても、米国での売り上げが悪ければ、ゲームシェア争い完全な敗北といえるだろう。 今年は、プレステ4にXBOXの新製品も発売されるのではないかと言われているだけに、想定外の売り上げ不調は、非常に危険な状態だとおもう。
任天堂サイドでは、「値下げはしない!」Wii Uの良さをわかってもらうには、時間がかかると言っているようだが・・・
プレステ4やXBOXが、いつ発売されるかわからないだけに、任天堂「Wii U」が生き残る道は、おそらく早々の値下げを行うしかなさそうです。


2012年12月8日 新しいゲーム機、ニンテンドー Wii U が発売されました。
Wii U 本体の特徴は、IBM社製 IBM Powerを基にしたマルチコアプロセッサーに、AMD社製 AMD Radeon を基にした高精細度GPUのゲーム機です。

大きめのコントローラーであるGamePad(ゲームパッド)には、6.2インチタッチスクリーンを搭載しています、このスクリーンで直接、ゲーム画面として使う事ができます。

2種類の本体セットがありブラックのプレミアムセット(31,500円税込み)保存メモリー32GBと、ホワイトのベーシックセット(26,250円税込み)保存メモリー8GBがありまが、 2種類の違いは、保存メモリーだけでなく付属品や特典も違います。
どちらかと言えば値段が高いプレミアムセットの方が、お得な感じがします。

また、Wii U 本体の発売に合わせて Wii U 用ソフトウェアも数多く販売されます、その後に発売される予定のゲームソフトも目白押し状態だ。


カテゴリー

PS3ランキング(楽天)



3DSLLランキング(楽天)

  
 注目のニューゲーム機
発売日:2014年2月22日
  
NEW Playstation 4

Playstation 4 First Limited Pack with Playstation Camera (プレイステーション4専用ソフト KNACK ダウンロード用 プロダクトコード 同梱)


発売日:2014年2月22日
  
NEW Playstation 4

Playstation 4 First Limited Pack (プレイステーション4専用ソフト KNACK ダウンロード用 プロダクトコード 同梱)


発売日:2014年2月22日
  
NEW Playstation 4

KILLZONE SHADOW FALL
  

   
 リンクカテゴリ
   
Wii Uゲームソフト
   
プレステーション3
   
ニンテンドー3DSLL
   
ニンテンドーWiiU
   
ゲーム関係サイト
   
スマートフォン
   
インターネット
   
その他